予防接種について

当院の予防接種について

当院では、定められた期間内にワクチンを接種する「定期接種」と、それ以外の「任意接種」のワクチン接種を行っております。予約にて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

取り扱い予防接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。発症をある程度抑えたり、重症化を予防したりする効果が期待されます。
65歳以上の高齢者
60~64歳で心臓、腎臓若しくは呼吸機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方
は予防接種法に基づく接種を受けることが可能です。

肺炎球菌ワクチン

成人の肺炎に多い、肺炎球菌によって引き起こされる肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐワクチンです(すべての肺炎を予防するものではありません。)

1回の接種で、5年以上免疫が持続する、と言われています。
接種から5年以上経過したら再接種が望まれます。

23区に在住で定期接種の方(65歳以上5の倍数で肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方)は自己負担4000円で接種できます。
練馬区では定期接種以外でも区内在住の65歳以上かつ肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方に接種費用を助成しており、接種費用(自己負担)は4000円です。

A型肝炎ワクチン

「A型肝炎ウイルス」に汚染された水や食べ物を摂取することで経口感染する肝炎です。近年、日本での発生は少ないものの、世界的には発展途上国を中心に流行しています。

発展途上国に渡航する方
A型肝炎患者と接触機会が多い医療従事者
A型肝炎ウイルスの抗体を持たない基礎疾患(慢性肝疾患など)を有する方
などが接種対象者となります。

B型肝炎ワクチン

「B型肝炎ウイルス」の含まれる血液や体液が体内に入ることにより起こる肝炎です。

日本国内で輸血される血液は、すべてB型肝炎ウイルスの検査が行われており、現在輸血による感染はほとんど起こりません。

医療従事者
家族やパートナーに感染者がいる場合
海外渡航者
などが接種対象者となります。一般に3回接種します

麻疹ワクチン

麻疹は一般に小児期に多く感染する急性感染症ですが、大人になってから感染・発症すると、重症化することの多い病気です。これから妊娠を考えている方や、大勢の人に接触する機会がある方が「接種対象者」となります。

これから妊娠を考える方
大勢の人に接触する機会がある方
は接種対象者となります(任意接種)

風疹ワクチン

大人が風疹にかかると、子どもよりも重症化しやすい傾向があります。また、妊娠中の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風疹症候群」を発症する可能性があるため、ワクチン接種を受けることが大切です。

妊娠可能な女性およびその夫あるいはパートナーで、事前に血液検査で風疹の抗体価を測定して十分に抗体がない場合
はワクチン接種の適応があり、練馬区では接種費用を助成しています。
なお接種後2か月程度は避妊が必要です。

MRワクチン(麻疹、風疹混合ワクチン)

麻疹風疹の混合ワクチンです。一回の接種で、麻疹・風疹2種類のワクチン接種が可能です。

金額

予防接種価格表(任意接種の場合)

不活化ワクチン(ウイルスの成分を抽出したもの)
肺炎球菌 7,500円(+税)(練馬区在住で65歳以上の方、初回接種は自己負担4,000円)
A型肝炎(3回接種) 7,000円(+税)×3回
B型肝炎ワクチン(3回接種) 5,000円(+税)×3回
生ワクチン(ウイルスの毒性を弱めたもの)
MR(麻疹風疹混合ワクチン) 8,000円(+税)
麻疹 5,000円(+税)
風疹 5,000円(+税)
おたふくかぜ(ムンプス) 5,000円(+税)
水痘 7,000円(+税)
帯状疱疹 7,000円(+税)

院長から患者さまへ

各予防接種についても、どうぞお気軽に受けていただければと思います。

ご予約・ご相談はお気軽に

カラダのことでお悩みでしたら、下石神井にある

なごみクリニックまで、お気軽にお問い合わせください。

  • 03-3995-7530.png